住宅関連の雑誌などを見ているときに目にするのがフロアコーティングという言葉になります。フロアコーティングとはどのようなことを意味するのかというと、これは床の美しさや清潔さをしっかりと保つために、新しく住宅を建設したときに行われている作業になります。とくに新築や賃貸住宅などで入居者が変わったときにはフロアコーティングが行われるようになっています。建物のなかで床という部分は非常にデリケートで、たくさんの汚れやほこりが付きやすいところとなっています。

したがってここで間違ったお手入れ方法を実践してしまうと床材そのものを傷つけてしまうという危険性があります。専門知識のある業者に依頼をすることが大切です。フロアコーティングの目的は、床材をしっかりと保護し美しい光沢を長時間保つと言うことになります。この作業を行うことで、床が傷つきにくくなりお手入れも簡単になります。

実際には水拭き程度で美しさを保つことができます。フロアコーティングにはワックスやウレタンやガラスやシリコンやUVという種類があります。性能やライフスタイルや予算に合わせた物を選ぶことが基本です。作業には費用が必要になるのでメリットがあるのか不安になる人もいますが、床材をしっかりと保護することができるので、いつまでも新築のような状態を保つことができます。

また掃除がしやすいと言うことと小さな子どもやペットがいるような家庭でも、傷が付きにくいので安心というメリットがあります。