なるべく傷をつけないように気を付けていても、物を落としたり家具を引きずるなどして知らず知らずのうちについてしまうフローリングの傷。フローリング補修の専門業者に頼めばきれいになおしてもらうことはできますが、結構費用が掛かってしまうので二の足を踏む方も少なくないと思います。実は、フローリングの補修は傷の程度にもよりますが市販の道具を使って簡単になおすことができます。ここでは、初心者の方でも簡単にできるフローリング補修のやり方とポイントを解説します。

まず、フローリング補修のやり方を紹介する前の注意点として、自分でフローリングの補修を行う場合、あまり目立たない場所であることが前提となることを覚えておきましょう。自分の家のフローリングの色や柄とぴったりのものを市販の補修材の中から見つけるのは難しく、補修したところが目立ってしまうからです。自分で補修を行うのは、少なくとも慣れない最初のうちは目立たない場所にしておきましょう。では、具体的な補修の方法ですが、準備するものは市販のフローリング補修キットだけで十分です。

補修キットにはシールタイプのものとリキッドタイプのものがありますが、仕上がりを美しくしたいのならばリキッドタイプのものを選びましょう。作業はとても簡単で、まず傷がついた部分の汚れをきれいに落とし、補修キットに付属しているパテで溝になってしまっている部分を埋めます。そして細かいやすりを使って表面を平らにし、フローリングの色に合わせた塗料を塗ります。そして最後に表面を保護するためのコーティング剤を塗って十分に乾かせば作業は完了です。

これらの工程のうち、パテで溝を埋める作業が慣れないうちは難しいかもしれませんが、細かいやすりを使って力を入れずに少しずつ表面を擦って滑らかにしていくのが美しく仕上げるポイントです。