注文住宅はマイホームを持つことができ、建売や中古住宅とは違って自分の好みのマイホームを作ることが出来ます。しかし、お金がかかることがデメリットでもあり、当分は賃貸で生活を続けてお金を貯金するのか、大きなローンを組んで注文住宅を購入するのか、これは非常に迷う決断となります。このようにして考えていくと、結局注文住宅を購入してもローンの支払は長期になるので賃貸を借り続ける事と同じではないかと思ってしまうものですが、これは少々考え方が違います。まず、賃貸でもマイホームでも毎月の出費が出ることは同じですが、マイホームの場合はローンを完済すればその住宅は自分の持家となります。

ローンを完済するまでの期間と同じだけ賃貸の家賃を支払っても、その賃貸は自分の物にはなりません。これは財産という意味では非常に大きな差があります。長期的に考えるのであれば、やはり自分の財産となるマイホームのためのお金を支払う方が当然ながらメリットは高いですし、モチベーションも上がります。注文住宅はローンを組まなければなかなか購入することが難しいですが、ローンはしっかりと返済計画を立てておけば上手に完済を目指すことが出来ます。

どのような会社でローンを組むのかを考えて、まずは審査に合格することを目指すと良いです。また、賃貸とマイホームでは生活の快適さも大きく異なります。色々と考えてしっかりと好ましい決断をするようにしたいところです。